弁護士特約を加入しておいた方が安心な理由

保険会社が交渉できないケースをご存知ですか?

任意の自動車保険に加入していれば事故にあった場合、保険会社の担当者が相手側と示談交渉を行います。しかし、保険会社が交渉できないケースがあるのをご存じでしたか。

私のようにセンターオーバーや信号待ちで追突された場合は100:0でこちらが無過失になります。このケースでは保険会社は示談等の交渉を行うことができません。

もらい事故は自分で交渉しなければらならない

理由としては、自動車保険というのは多少なりとも相手側に損害を与えたケースで発効されるものなので、こちらが全く悪くない場合は保険会社は動けないことになります。

そうなると自分で加害者と交渉をしなければならないのですが、応じようとしない加害者が少なくないのも事実です。そんな場合のために作られたのが弁護士特約です。

弁護士特約は一般的に300万円まで裁判等にかかる費用を支払ってくれる特約です。むちうちの損害額が3~400万程度で裁判の際の弁護士費用は判決額の1割であることを考えると、十分に費用を賄ってくれます。

保険料も年間で2,000円程度(会社によって異なります。見積りをして確認されることをおすすめします)アップするくらいなので費用対効果は抜群に高いです。

私が弁護士特約に加入したきっかけ

車を購入して1年ほど経過した頃だったと思いますが、友人から「弁護士特約にも入っておいたほうがいいよ」と言われたのがきっかけでした。

まさかその後に事故になって弁護士にお世話になるとは思ってもいませんでした。私は“たまたま”加入していたのですが、本当に助かったという気持ちでいっぱいです。それが皆さんにもおすすめする一番の理由です。

弁護士特約のメリット

私が弁護士特約に加入して感じたメリットは以下の通りです。

  • “もらい事故”でも弁護士が扱ってくれるので安心
  • 裁判に持ち込めば、地裁基準で十分な補償が得られます
  • 弁護士にお任せできるので、治療に専念できます
  • 加害者と交渉する必要がないのでストレスがありません

事故にあったけど弁護士特約に加入していなかった方は、次に何時事故に遭うかわかりませんので、すぐに加入されることをおすすめします。他の保険会社のほうが安いケースもありますので、比べてみることができます。

既に弁護士特約に加入しているけど、他の保険会社と比較して考えたことがない方は、実際に自動車保険の一括見積もりをしてコストが下がるかどうか検討してみるとよいでしょう。

このページの先頭へ