「事故後の対応」の記事一覧

現場の見分状況書が過失割合を左右させる

事故に遭い警察へ連絡するとすぐに駆けつけてもらえます。目的は現場や負傷者の安全を確認することや、事故現場の検証です。現場での聞き取りや検証を元に”現場の見分状況書”を作成しますが、裁判の際に過失割・・・

交通事故証明書とは? / 取得方法について

交通事故証明書って何ですか? ◆事故が起きたことを法的に証明する書類です 交通事故が起きた場合に警察へ連絡して調書を作成してもらいますが、作成されたものに基づいて発行されるのが交通事故証明書です。 事故が起きた際に必ず警・・・

保険会社への連絡と事故車の引き取り

事故にあったらすべきこととして保険会社への連絡というものがあります。緊急を要するような大きな怪我をしていなければ恐らく自分で連絡をすると思います。 あらかじめ車のダッシュボードに保険証書や緊急時の連絡先を入れておくと便利・・・

警察により事故の実況見分調書が取られる

突然事故に遭うと気が動転して何をすべきか分からなくなってしまうものです。事故直後の初期対応を行い警察へ連絡をしている間かその前に可能であれば現場の証拠撮影をしておきます。 悪質な加害者であれば現場の証拠隠滅を図ります。状・・・

加害者との接する際のポイント・確認事項

追突などのこちらの側に全く過失がない場合は相手も平謝りで接してくると思います。下手に出られるとつい許してしまいたくなるのが人情ですが、生じた損害とは別の話です。ドライなくらい冷静に対応しましょう。 ビジネスライクで接する・・・

必ず警察へ連絡しなけらばならない理由

加害者が警察へ連絡したがらない理由とは? ◆事故の事実をもみ消したいからです 事故に遭った際に加害者からその場でお金を渡されて「これで済まして欲しい」と言われるようなケースをお聞きになったことがあるかもしれません。なぜ加・・・

事故現場の証拠撮影の重要性と方法について

事故現場の証拠撮影はなぜ重要? ◆それが動かぬ証拠となるからです 事故に遭った際にできれば自分が、もし難しければ目撃者や同乗者に事故車両を移動する前に現場を撮影してもらいましょう。裁判に至るケースでは警察が取る実況見分調・・・

加害者を信用してはならない理由とは?

見知らぬ人であり、お金が絡むと人も変わる これは事故直後から裁判が終了し支払いが済むまで堅持すべき被害者の立場です。別に加害者を恨むことを勧めたりはしませんが、信用することには大きなリスクが伴います。 当サイトで考慮して・・・

事故後の初期対応について

万が一事故に遭ってしまった場合の初期対応を覚えておくといざという時に的確に行動が取れます。なお、当サイトでは100:0でこちらが無過失のケースを前提としています。 負傷者を救護する 事故に遭ったら真っ先に行うのが負傷者の・・・

当サイトで考える事故例-100:0でこちらは無過失

交通事故といっても非常に様々なケースがありますが、当サイトのテーマは「むちうちと後遺障害14級獲得」なので以下の2つのケースに絞って考慮したいと思います。 サイトの内容は他のケースにも該当する要素は含まれますが、基本的に・・・

このページの先頭へ