自賠責保険の内払金と仮渡金制度について

自賠責保険というのは自動車事故による人身事故の被害者を救済する目的で運用されているものですが、”内払金と仮渡金”も同様の目的によるものです。それぞれの違いについて解説します。

内払金制度について

内払金請求とは事故による被害者が治療をしている際に、病院の治療費や休業損害が10万円以上になったと認められる場合に請求することができます。

むちうちのケースで治療費が10万円になるにはかなりの期間が必要ですが、仕事を休んでいるならば休業損害が発生しているはずなので早い段階で請求可能です。

10万円単位で何度でも請求することができます。(自賠責の限度額120万円まで)既に支払われた内払金は損害賠償の金額が確定した際に差し引かれます。

仮渡金制度について

加害者から損害賠償の支払を受けていない場合で、当座の生活に困っている場合は前払金という形で請求することができます。入院期間と治療期間の長さにより40万・20万・5万円と段階があります。

金額が定型化しているので、損害額が仮渡金よりも少ない場合には、差額を返還する必要があります。しかし、慰謝料や休業損害などを全て含めると実際には上回ることがほとんどだと思われます。

いずれにしても、人身事故により発生した損害分の保険として必要なものにお金を充てていれば、余計に使ってしまって後に返還しなければならなくなることは少ないでしょう。

生活の状況によっては損害が発生した都度に受け取りたい人もおられることでしょう。加害者とは何度もやり取りはしたくないけれど、まめに損害額を回収したい人には内払金請求がおすすめです。

このページの先頭へ