第一回異議申立ての結果:後遺障害14級に認定される

異議申立を行った結果、後遺障害14級に認定されました。その際の判断理由を掲載しています。日付と病院名は伏せてありますが、参考になる情報なのでお役立ていただければと思います。

[結論]自賠等級別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

[理由]異議申立に際し新たにご提出された医証等も含め、慎重に再度検討を行った結果、下記の通り判断します。

頚部挫傷後の頚部痛、肩こり、頸部の腫れ、熱感、嘔吐、頭痛等の訴えについては、前回の認定において、ご提出の医証上、自覚症状を裏付ける他覚的神経学所見に乏しく、その他治療状況や治療経過等も勘案した結果、将来にわたり回復が困難な症状とは捉え難いとの判断をしていますが、今回〇〇診療所や〇〇病院に対して実施した医療照会回答によれば、初診時に頚部痛・頭痛・僧帽筋過緊張の訴えがあり、終診時まで訴えが一貫して存在していたことが認められています。

上記医証も含め、再度検討を行った結果、頸部画像上、本件事故による明らかな外傷性の異常所見はなく、その他ご提出の医証からも症状の存在を裏付ける他覚的神経学的所見は認め難いことから、他覚的に神経系統の障害が証明されたものと捉えることは困難です。

しかしながら、受傷当初からの症状の訴えの一貫性が認められており、その他受傷形態や治療経過等も勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる神経症状と捉えられることから、「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。

なお、〇〇大学病院発行の診断書上の「左胸郭出口症候群」は本件事故受傷によるものとの訴えについては、同診断日が平成◯年×月△日であり、症状固定日の平成◯年×月△日から約7ヶ月の医療中断が認められ、〇〇診療所や〇〇病院への医療照会によれば、同医療機関中に受診中、「左胸郭出口症候群」の訴えは認められないこと等から、症状と本件事故との間に相当因果関係は認め難く、自賠責保険の後遺障害には該当しないものと判断します。

このページの先頭へ