事故後の初期対応について

万が一事故に遭ってしまった場合の初期対応を覚えておくといざという時に的確に行動が取れます。なお、当サイトでは100:0でこちらが無過失のケースを前提としています。

負傷者を救護する

事故に遭ったら真っ先に行うのが負傷者の救護です。ただし当サイトではこちらが無過失のケースを考慮しているので、自分と搭乗者の身の安全を確保します。

停止中に後ろからぶつかられた場合に衝撃が軽微なものであれば、一通り処理をした後に自走して病院にも行くことができますが、無理をせずレッカーで運んでもらって自分は別途病院へ行くのばベターです。

交通手段はタクシー或いは救急車になります。救急車は緊急の時にのみ用いるものなので、使用の判断に迷ったら「#7119」をかけると救急相談センターにつながり緊急性のアドバイスをしてくれます。

ひとつ覚えておきたいのが、むちうちの場合後になって症状が強く出てくることがあります。事故直後は緊張もしているのであまり痛みを感じないことがあるので注意が必要です。

安静にせずそのまま仕事や本来の用事を果たすために動いてしまうと「バレリュー症候群」にかかり長い間苦しむ羽目になりまねません。よっぽど大事な用事があったとしても予定の変更をするのが無難です。

危険防止の措置をとる

事故が起きた位置に車を放置しておくと通行の妨げになることがあり、後続車がぶつかってくる危険もありますので直ちに移動します。

全損で走行不能の場合は周辺にいる人にも協力してもらい、車を安全な位置に移動してもらいます。この場合も安全と自分の身が第一なので、自分が受傷していたり第二の事故が起きそうなときは無理をせず警察が交通整理をしている間、レッカー移動してもらいます。

後日トラブルになるのを防ぐために、写真を何枚か撮っておくのがよいでしょう。現場の証拠取りについてはこちらのページで詳しく論じます。

警察へ連絡する

事故後、身の安全を確保し危険防止の措置を取ると同時に警察にも連絡します。本来は加害者が自分で警察に連絡すべきものですが、悪質な加害者は警察を介さず示談で済ませようとしますので、自分か事故の目撃者に連絡をしてもらいます。

上記の3点が事故後の基本的な初期対応です。事故に遭ってしまったのは仕方がありませんので、ここからどのように適切に事を運んでゆくかが勝負の分かれ道となります。

このページの先頭へ