必ず警察へ連絡しなけらばならない理由

加害者が警察へ連絡したがらない理由とは?

◆事故の事実をもみ消したいからです

事故に遭った際に加害者からその場でお金を渡されて「これで済まして欲しい」と言われるようなケースをお聞きになったことがあるかもしれません。なぜ加害者はその場で解決しようとするのでしょうか?

加害者の側からすれば事故を起こした場合、警察に連絡されると色々と厄介事が付きまといます。事故の加害者には行政上の責任が生じ、反則金の納付や減点による免許停止などの可能性もあります。

それである人はその場でお金を渡して「警察へ連絡しないで、なかった事にして欲しい」とアプローチしてくることがあるかもしれません。しかし被害者の側からすると非常の多くのリスクが伴います。

警察へ連絡しないとどうなるか?

◆「事故証明書」がもらえなくなります

加害者がさほどスピードを出していなかったり衝撃が少ないと、その場ではケガをしていないように思えるかもしれません。出かける途中などで急いでいると相手の申し出を受けたくなることがあるでしょう。

しかし、きちんと警察に届出をして見分調書を取ってもらっていないと「交通事故証明書」をとることができません。これが無いと実質事故が存在しなかったことになります。つまり加害者の思うツボになるのです。

その場で体が痛くなかったとしても、むちうちなどの症状が後日出ることもあります。その時に病院へ行って治療を受けたとしても誰も支払ってくれません。

通常は任意保険の会社、或いは自賠責保険から支払いがなされますが、「事故証明書」がないと事故そのものの存在を立証できないので保険は支払われないと思ってください。

つまり、全部自分持ちになります

こういった不誠実な加害者は後になって連絡をしても取り合ってくれないでしょうし、事故そのものを否定されかねません。結局被害者が泣き寝入りとなってしまうのです。

もしあなたが事故に遭われた時に加害者が警察へ連絡しないで欲しいと言ってきたならば、相手は確実に不誠実な人であることを覚えておいてください。きっぱりとした態度で申し出を断り、すぐに警察へ連絡をしましょう。

ある人は警察沙汰になるのを望まないようですが、こちらに非はないので申し訳なく思う必要はありません。

このページの先頭へ