交通事故証明書とは? / 取得方法について

交通事故証明書って何ですか?

◆事故が起きたことを法的に証明する書類です

交通事故が起きた場合に警察へ連絡して調書を作成してもらいますが、作成されたものに基づいて発行されるのが交通事故証明書です。

事故が起きた際に必ず警察へ連絡しましょう。交通事故証明書が無いと法的に事故が起きたことを立証することができず、被害者請求や後の訴訟で事故の存在を証明する法的な物証が無いことになります。加害者から事故の存在自体を否定されかねません。

事故証明書の基本的な内容について

・事故照会番号:管轄の警察署 第〇〇号
・発生日時:日付と明確な時間が記載
・発生場所:路上でも直近の住所が適用される

次は甲と乙に分かれてそれぞれの基本情報が記載されます。警察の調書に基づいて過失の程度が高いほうが「甲」、低いほうが「乙」になります。私のケースではこちら側が「乙」になりました。(100:0です)

・住所:免許証記載の住所 電話番号
・氏名:フルネームと片仮名の振り仮名
・生年月日:和暦の日付と性別が記載
・車種:自家用(相手側は普通貨物自動車と記載あり)
・車両番号:車のナンバープレートの情報
・自賠責保険関係:有無と保険会社名
・証明書番号:自賠責保険に各々割り振られているID
・事故時の状態:“運転・同乗・歩行・その他”の該当部分に◯が付く

「乙」=被害者の部分も内容は同じです。加害者側にこちらの住所等個人情報が開示されるのは気持ちの良いものではありませんが、仕方がないのでしょうね。

事故類型という欄があり、車両相互の部分には(正面衝突・側面衝突・出合い頭衝突・接触・追突・その他)の欄があり、私のケースでは正面衝突の欄に◯がしてありました。

最後にお決まりの一文があります。”上記の事項を確認したことを証明します。なお、この証明は損害の種別とその程度、事故の原因、過失の有無とその程度を明らかにするものではありません。”とあり、日付と管轄する自動車安全運転センターの事務所の印が押されています。

事故に遭って”安全運転センター”に行くのは

何か皮肉な感じですが、仕方がありません。事故の調書が完成すると取得できます。次は取得方法についてのお話です。

事故証明書の取得方法について

各県には交通事故安全センターと言うものがあり、そこで取得できますが全国どこでも対応しています。旅行中の事故など他県で起きたものでも近くのセンターで申請できますが後日郵送となります。

申請できる人は事故の加害者/被害者に加えて利益を受ける権利のある人(被害者の遺族等)も取得可能です。人身事故の場合は事故後5年で発行できなくなります。いつか必要になるものなので、早めに取得しておくのがよいでしょう。

申請用紙自体は近所の警察署や交番にも置いてあります。センターが遠方の場合は郵便振替でも申請できますし、サイトからでも申請できます。ただし、サイトからの申請は色々と条件がありますのでHPを確認しましょう。

このページの先頭へ