現場の見分状況書が過失割合を左右させる

事故に遭い警察へ連絡するとすぐに駆けつけてもらえます。目的は現場や負傷者の安全を確認することや、事故現場の検証です。現場での聞き取りや検証を元に”現場の見分状況書”を作成しますが、裁判の際に過失割合の根拠になるので重要な書類になります。

見分状況書の読み方

・作成日:実際に書類を作った日
・見分者:警察の立場と名前
・見分日時:確認した日時
・発生日時:事故発生日時
・発生(見分)場所:道路上だが近隣の住所を採用
・路面:乾燥しているか/アスファルトとか
・照明:夜間走行時に関係します
・規制:速度や一時停止など
・見通し:良/不良
・測定距離:番号と図で記入
・勾配:坂の角度
・スリップ痕:長さを図る
・立会人:事故の加害者/被害者
・指示説明:番号と図で記入
・図表:現地の道路幅、衝突位置などを測定して詳しく記入

警察による現場の測定と事故当事者の説明によって調書が作成されてゆきます。過失割合に関わる重要な点としては、測定距離と指示説明です。

最初の地点-相手を発見した-危険を感じた-ブレーキをかけた-衝突-停止転倒の準で説明してゆきます。正直かつ率直に自分の意見を述べる必要があります。

遠慮せずに自分の意見をはっきり言おう

担当の警察官も経験が豊富なあまり(?)自分の想定を元に話を進めてゆくかもしれません。しかし、実際の記憶と異なる部分があればはっきり伝える必要がありますし、分からない部分もきちんと伝えておくべきです。

裁判の際には見分調書の内容に基づいて過失割合を測ってゆくので、どのように受け答えをするかによって後の判決にも影響してきます。

事故は最初が肝心

時には警察の判断に重大な誤りがあり、そのままにするとこちら側に不利になる恐れが生じるかもしれません。敬意を込めて穏やかにどの部分に誤りがあるのか理由を明確に述べましょう。どうしても納得できなければ調書のサインを拒むことも可能です。

こちらが明らかに事故の被害者の場合については、警察が加害者に厳罰を望むかどうか聞いてきます。事故を引き起こした相手に対して悪感情を抱いていたとしても、何を言うかは感情に任せるのではなく慎重に対応するのが賢明でしょう。

このページの先頭へ