交通事故に国民健康保険は使えるのか?

通院時に国民健康保険は使えるのか?

◆使えますが、手続きが必要になります

交通事故で通院する際の支払いですが、国民健康保険を使って立替払いをすることができます。「そんなの加害者に払わせればいいじゃないか」と思われる方もいると思いますが、むちうち症で通院程度であれば立て替えておくのが得策です。

≫≫ 具体的な手続き方法はこちら

交通事故は自由診療というカラクリ

交通事故に関する医療費は基本的に自由診療にできるのです。普段の生活で風邪を引き病院で診療を受ける時に病院は「診療報酬」という医療費の基準に基づいて患者に費用を請求します。国保であれば、そのうちの3割を自己負担として支払うわけです。

しかし、交通事故の受診の際は「診療報酬」の基準に基づかなくて請求することができるのです。それで病院によっては一般診療の1.5倍~2倍程度の医療費を請求してくることがあります。

「最終的に加害者が支払うから関係ないじゃないか」と思われたかもしれませんが、治療が長引くとこちらの負担になる場合があります。交通事故の障害に関して自賠責で支払われる限度額は120万円のみです。

治療や休業期間が長引くと限度額の120万円を超えることがあります。仮に医療費が自由診療で120万円だとすると、その他の休業損害や慰謝料は医療費に押し出されて支払われないことになります。

相手が任意保険に入っていたり、こちらが弁護士特約を使用できるのであれば話は別ですが、いずれにしても病院側へ無駄な費用を支払うことになり、自賠責の被害者請求をする際に取得できる額が減るかもしれません。

通院だけであれば1年通ったとしてもせいぜい10万円程度でしょう。(国保の3割負担として)訴訟を起こす前に被害者請求である程度回収できることを考えると無駄な費用はかけないのが得策です。

事故を引き起こした加害者に腹立てして、相手に支払わせるつもりで自由診療を選ぶことも可能です。金銭的なやりとりの面からすると後々こちらが不利益を負う可能性もありますので注意が必要です。

私のケースでは相手が無保険車で支払い能力がゼロだったので、最初から自分の国保で支払い費用を抑えておきました。

このページの先頭へ