健康保険-第三者行為による傷病届の方法

第三者行為とは何ですか?

交通事故やケンカに巻き込まれて怪我をした時の事を指します。この場合の治療費は事故やケンカの加害者が支払うことになります。しかし、加害者が病院へ付き添ってくれるわけもなく、後日本当に支払ってくれるかさえも分かりません。

上記のような時、被害者救済の意味も込めて存在するのが第三者行為による健康保険の使用許可です。手続きをしたならば3割負担(国保の場合)で診療を受けることができますが、残りの7割は後日に健康保険組合が事故の加害者等に請求をすることになります。

手続きの方法について

役所に行き、所定の書類に記入するだけで手続きを済ませられます。記入する書類はおおまかに以下のとおりです。

  • 交通事故による第三者行為届出書
  • 事故発生報告書
  • 念書
  • 同意書

上記の書類は役場でもらい、その場で手続きをすることができます。加えて「交通事故証明書」(コピーでも可能)を持参して提出します。事故後に警察に届出をして調書を済ませていれば取得可能です。(自動車安全センターで手続きをする)

病院での対応について

どこの病院でも初診の時に来院に至った状況を詳しく記入しますが、この時に「交通事故」と必ず記入しましょう。そうすると受付の人が「保険会社による支払いですか?」と言ったことを聞いてきます。

この時に「第三者行為の届出を健康保険に出しました。(或いはこれから出す)」と言えば受付は直ぐに理解してくれます。国保であれば3割負担で治療が受けられます。

慎重な医療機関だと健康保険組合から病院へ連絡が届くまでは実費で、連絡後に払った7割(国保分)を返してくれるところもあるでしょう。国保の第三者行為の使用に関しては、大病院であればさほど問題にはならないでしょう。しかし、厄介なのが個人経営の病院です。

個人の病院は儲け主義のところも・・

交通事故の診療費は自由に設定できるのと第三者行為の届出を知らない患者に付け込んで儲け主義の病院では「事故には保険は使えない」と平然と言ってくるところもあります。

小規模の医院が大病院と異なる点は、医師=経営者であることです。大きな病院において医師は患者の治療と自分の手技の向上に努めていれば良いのですが、小規模の病院は自分の裁量が直接利益を左右させることを知っています。

そういった理由で倫理観の低い医者は交通事故の患者が来ると“おいしい客”が来たとみなします。私のケースも同様でした。保険会社の担当から健康保険を使うことができることを教えていただき、病院側へ伝えると医師が不機嫌になり受付に当り散らしていたのを覚えています。

「事故に健康保険は使えない」のはウソ

そんなデタラメを言う病院は患者のことなんか一切考えていないので、正当な治療を受けられるかも甚だ疑問です。すぐに評判の良い別の病院へ切り替えることにしましょう。

このページの先頭へ